DIE 公式BLOG

DIE王のお言葉

TETSUさんRa:IN脱退に関しまして



まず、Ra:INの新参者のDIEがこういうブログを書く事をご容赦くださいね。michiakiさんの了承は得てます(笑)。
他にこういうこと書く人いないし、俺はいつもこういう時には思いを書き留めなきゃ気が済まない性分なんで(笑)。

Ra:INというのは、本当に良くも悪くも70年代のロックバンドの様相をず〜っと貫いてきました。
リハーサルも本番もアルコールが体に入ってないメンバーなどいないし(笑)、ある意味いつもメンバー全員が酔っぱらってて、
自由で豪快な音楽に対するスタンスが心地よく絡まった時にはとてつもないカッコいいグルーヴのうねりと崇高なアンサンブル
を生み出す一方、人間関係も深く入り込むため、軋みやゆがみ、お金にまつわること、男女関係(笑)、、、などなど
いろんな摩擦がRa:IN特有の豪快な波にのまれ、うやむやにされてしまうことも正直多々あります(笑)。
でも、そんなメンバーが他のメンバーを大好きでたまらなくって、久しぶりに会うと家族に再会したような喜びがあるのも、また
これしかり、台湾や北京、ヨーロッパツアーなども行けたし、ステージの出来に波はあるものの、うまく絡み合ったときの
サウンドのエクスタシーったらどこにでも誇れるものだと自負しています。



ですが、そんな軋みやゆがみのトラブルに耐えきれずに一昨年5月に俺がまず『しばらくRa:INできません』という宣言をしてしまうのです。厳密に言うと「この問題が解決しないとRa:INをできません」と言って本当は問題を解決してRa:INを続けたかった
のでしたが、そうはいかず、メンバーも俺も傷心した状態になってしまいます。
このとき俺はちょうどKISS THE WoRLD+KIYOSHIで香港に行ってて、
そのときに書いた曲『Hong Kong night brightens me up』という曲は、その頃俺が、Ra:INを続けることができなくて落ちて
て、そのときに香港のオーディエンスや百万ドルの夜景に元気をもらったよ、という歌なのでした。
Bメロで『クロツグミの家族のようにまたひとつになることだけが今必要なこと』と歌ってるのは、そのときの俺のRa:INに対す
る心情でした。それくらいRa:INは家族のようなバンドなのです。



昨年秋にやっと、俺がRa:INに帰ってくることができて michiakiさんもPATAも「やっとこれで4人でまた活動できる」と
喜んで組んだ11月のツアーでしたが、今度はTETSUさんが、たぶん軋みやゆがみに耐えきれなくなったのでしょう。
『俺は今年はバンドはやらねぇ。』ということに。。
正直、michiakiさんがかなりガッカリしていました。いつもは平和的なスタンスのPATAも今回はちょっとへこんでました。
俺は年末、ちょうどMADさんとTETSUさんがイベントの打ち上げで一緒だったときに電話を代わってもらってTETSUさんと
サシで話しました。
『正直、もう俺は疲れたんだよね。』
これがTETSUさんの答えでした。
これには2つの意味があって、Ra:IN特有の波に乗っていくことに疲れたというのと、Ra:INの曲はそれはもうドラミング自体が
ハードなので、肉体的にも疲れた、ということもあるようです。



Ra:INのサウンドにはTETSUさん以外考えられないくらい 他の3人はTETSUさんのドラムが好きです。今現在においても。。
上の写真を見てください。こんなメンバー全員が自分の世界に入ってバラバラな方向を向いてるように見えますが、音自体が
ひとつの固まりとなって耳や心で感じ合ってれば大丈夫と信じてるからこそのこのバラバラなショット。。
これこそが、本当に音で勝負してるバンドと言えるでしょ。

この4人でのRa:INは、、もう聴けないのかもしれません。
でも、michiakiさんも、PATAも、俺も、いつかまたTETSUさんが戻ってきてくれて音を出す日が来ることを信じてます。
それこそ70年代ロックバンドにありがちなパターンで(笑)。



世界中でこんなにパワフルでわかりやすくて、包容力のあるドラマーはそういないんじゃないかなぁ。
Ra:INとしては大変な財産を失ったわけですが、6月にアメリカ、テキサス、ダラスのイベント出演も決定してるのもあって
サポートドラマーとして西田竜一氏(ex.ACTION)を招聘することにしました。
もちろん、TETSUさんもmint mintsや天月、その他たくさんのバンドやサポートで活躍し続けていくでしょう。
そちらもメンバー一同応援していきたいと思っています。

そんなわけでRa:IN FANの皆様にはいつも心配かけたり、がっかりさせてしまうコトが多くて心から謝ります。ごめんなさい。
ですが、PATAをはじめ、やっぱりみんなが大事にしてる居心地のよい空間、Ra:INを再活動させようじゃないかと踏み切った
俺らメンバーの気持ちを少しでも理解してくれたら嬉しいです。これからも応援してくれたらもっと嬉しいです。

TETSUさんへ

あまり考えすぎずにセッションとかやりましょうね〜。気がついたら2年後とかにセッションのメンバーがRa:INになってたりしちゃって(笑)。。。これからも最高のドラム響かせてくださいね☆

以上。。

(photo by Neco)


 
▲top.  comments(20).  -.

:: Comment ::

name: mayu
date: 2014/04/19 6:18 PM
なんか、初めてタマネギを切ったときみたいに、辛くてちょっとキツくて、目が濡れました… だが、きっと自分がいつか大人になって、タマネギの後甘さを分かるようになれると信じたいです。

初めて海外で聴いた見たRa:IN、日本に来てふたたびのRa:IN、いつも身を投げ込みたいほど、わたしにとってドラッグのような海のような存在です。TETSUさんの脱退について正直ショックしてたが、この記事を読むことできて落ち着きました。やはり切ないけど…

DIE王、ブログに書いて頂いて本当にありがとうございました!

またいつか、四人のRa:INを聴かせてちょうだい☆ 皆さん元気でいらして、ずっと音楽魔、音楽バカでいてお願いいたします。待ってますよ―――― m(_ _)m
name: Nori
date: 2014/04/19 9:24 PM
うまく言えませんが、ブログ更新ありがとうございました
DIEさんの言葉でこれからもRa:INの活動を応援していきたいと思う事が出来ました
アメリカでも素晴らしいライブやっちゃってください、日本でのライブも待ってますね。
name: ♪♪♪
date: 2014/04/19 11:13 PM


『2年後とかにセッションメンバーがRa:INになっちゃってたり、、』
それぐらい、自由にシンプルに音楽を続けていってほしいです。
音楽が好きで、ロックが好きで、惚れあった者同士ですもん、また一緒に鳴らしたい!って思ったら、何も考えずにまたぶちかましてください!!
少年のようにはしゃぐ大人たちに会える日まで、見守り続けさせていただきます☆☆☆


name: yu
date: 2014/04/19 11:41 PM
ブログの書き込みありがとう御座います。深い、話を読むことができてメンバーそれぞれの思いも伝わって来ました。
いつか、また4人揃うことできると思います。なんか切ないね(T_T)
でも、また早いうちにいつかきっと揃うよ4人。
name: かっとびまま
date: 2014/04/20 2:48 PM
書き辛いこともあったでしょうが、ブログに書いて頂いてありがとうございます(*・ω・)*_ _))ペコリン
激しいものは、音楽だけじゃなかったのですね。DIEさんがアノ頃に書いたブログを含め、私なりに解釈と言うか理解しました。

初めて、Ra:INを見た時、私の偏った音楽の好みに、ドデカイ隕石が落ちてきたことを思い出しました。
本当に「音」で演ってるバンドはコレなんだって。Ra:INにあってなかったら…DIEさんのトコにも行ってなかったかと(笑)

TETSUさんのドラム色んな形で好きなんだけどなぁ…
上手く表現は出来ないのですが、とにかく毎回SUGEEEEEE(゚Д゚)EEEEEEEEE!!って感じでした。

各メンバー、私なりの見どころが、イッパイありすぎて堪能しきれないうちに、このような形になってしまったのは残念ですが、
今までのRa:INの音楽を肌で感じれたことは、幸せ者かと思います。
今でも、フレームに入ったサイン入りポスターが部屋に飾ってありますよ。宝物ですぅ〜(o´艸`o)
何らかのセッションで、4人揃って、何の曲を演ってもおもしろいでしょうね。そんな日を楽しみにしてます。

海外公演もドデカイ隕石落としてきて下さい!(笑)
これからも応援*( ゚д゚)*チャッチャッ*(゚Д゚ )*これからも応援してきまーす!
name: 葉山
date: 2014/04/21 12:09 PM
DIEさんと、テツさん、また一緒に音楽して欲しいです。  
name: なーこ@秋田由利本荘市
date: 2014/04/22 1:30 AM
DIE王ブログ更新ありがとうございます。中学時代の吹奏楽部時代の恩師からの受け売りになってしまいますが音楽の「楽」は「苦」でらはないどんなに苦しくても「楽」にしなくては音楽ではない。
つくずく音楽は不思議だなと思います。
name: KAORI
date: 2014/04/22 7:26 PM
Tetsuさんが辞めるのはとても残念です。
しかし、はっきり言ってファンとしては内情等知りたくはありませんでした。夢を売ってる商売なら考えればお分かりになるのでは…。

KAIのPVを思い出しましたが、Ra:INはTetsuさんのお店でPATAさん、michiakiさん、Tetsuさんの3人で結成されたバンド。それを辞めるというのは余程のことなのでしょうね。
name: nao
date: 2014/04/23 3:20 PM
バンドの裏事情なんて知りたくないよ。
ファンがお金払って観に行ってるのにバカじゃないの。
このブログ内容PATAさんの了承は得てるとは思えない。
hideちゃんならこんな事ファン向けに書かないよ。
死人商売してるDIEちゃんだから仕方ないか。
残念。
name: DIE
date: 2014/04/23 4:13 PM
みなさま、コメントありがとうございます。
いろんな意見があって当然だと思います。
全部読ませていただいてます。
ありがとうございます。
name: なーこ@秋田由利本荘市
date: 2014/04/25 6:27 AM
夢を見せてください。なんだかむなしすぎます。音楽の「楽」が「苦」になってますよ。私達は「苦」の部分はみたくありません何より子供たちには見せたくありません
name: なーこ@秋田由利本荘市
date: 2014/04/28 11:52 PM
ダイちゃんはなんの為音楽やってるの?誰かを幸せ??にするためだよね。今言うべき言葉はそんな言葉ではないはず「テツさん待ってるよ、またロックやろうぜ??」でいいとおもうよいやそれが答えだと思う。
name: ♪♪♪
date: 2014/04/30 10:42 AM


正直で真っ直ぐなDIEちゃんだからこそ作れる、胸に響く音楽をいつもありがとう゚+。:.


name: DIEちゃんラヴ♪♪
date: 2014/05/01 10:17 PM
お疲れ様です。
お忙しい中ブログ更新ありがとです。
当たり前の事ですが人間、みんな生き方や考え方が違います。なのでファンの皆さんも色々な想いがあると思います。私も、出来る事ならば4人でこの先も音楽をやってくれたら一番嬉しいです。だけど脱退するって本人が、よく考えて決めたんだと思います。きっと考えてた時、苦しかったと思います。そういう事も考えてあげましょうよ。。
私たちファンですからメンバーが決めた事なら、応援しましょうよ。
name: ラリックマ
date: 2014/05/03 8:42 AM
いろんな考え方があるので、人それぞれですよね。
ただ、DIEさんの今回の書き込み、DIEさんらしくていいと思いますよ。
「そんなこと聞きたくない」というファンももちろんいるし、「きちんとメンバーの口から説明すべきだ」と思うファンもいる。
そして、きちんと筋を通さないと気が済まないDIEさん。
ほんと、男として、あなたのことを以前から尊敬しています。アニキ、いつまでもついていきますぜ(笑)
これからも、最高の音楽と魂を聴かせてくださいな。
name: Kaco
date: 2014/05/03 11:38 AM

5月27日横浜7th AVENUEの
Ra:INライブ見に行きますよ♪( ´▽`)
これからも応援しています☆
name: きい
date: 2014/05/06 5:32 PM
仕事がバタバタしていて、久しぶりにブログを見ました。DIEさんが戻って、テツさんが辞めていたとは。
確かにRa:INのドラムは大変ですよね(汗)セッションとかでいつか共演を見たいです♪
name: じにー
date: 2014/05/07 7:13 PM
あぁ…四人でのRa:IN聴きたかった…泣
復活を待ってたらテツさんが脱退なんて…悲しいよぅ…
あのパワーはあの四人だから出せてたものと思います。
name: なーこ@秋田
date: 2014/05/08 7:21 AM
ダイちゃんどうされましたか?更新無いですが…あんなこといっちゃたけどなんか心配です。一言でもいいのでしゃべってください
name: ちかこ
date: 2014/05/24 5:39 PM
畑仕事とかで忙しく久々です(*´∀`*)
テツさん脱退しちゃったんですか(;´ρ`)
楽しい人でDIEちゃんとの音楽すごかったのに
残念です(´・ω・`;)
けど…DIEちゃんのポジティブ発想
あたしも思いましたよ( *´艸`)
だから、DIEちゃんゎDIEちゃんらしく
いてください∩^ω^∩
次回の更新楽しみにまってます(*´ρ`*)
この記事へコメントする

      
<< 佐久間さん、どうぞ安らかにhomeDIE presents 摩訶不思議スペシャル!!! >>